通知エリア

貯金10万でのワーホリ行き方

ワーキングホリデー

ワーホリに最少額のお金で行く

主

ワーホリにこれから行く方はいくら必要なのか気になるよね

ここでは最小金額でワーホリに行ける金額を紹介

タートゥル
タートゥル

ネットにはいろりろな金額が書いてあって実際いくら必要なのかがわからない

主

そんな人のために、実際にカナダとオーストラリアに

ワーホリに行った私の貯金額を公開します

タートゥル
タートゥル

リアルな声が聴けるのとてもありがたいね

スポンサーリンク

ワーホリに行くのに貯金はいくら必要?

 

結論から言うとどれくらいに生活水準を維持したいかによります

私はどちらのワーホリでも貯金10万円程度で行きました

(航空券やビザ代は除く)あくまで現地で自由に使えるお金です

しかしワーホリについていろいろ調べている人だと、預金残高証明書で

国によっては50万円の残高が必要だと思うかもしれません

しかしそれはあくまでビザ申請をしたときに必要なだけです

逆に申請するときだけその金額あればいいので、

金融機関に借りたり、友達や親に一時的に借りて、申請が済んだら

すぐに返せばいいのです

これはあくまでなるべく早く行きたいという人のためにこういったやり方もあるよ!!

といった提案です

人によっては現地の空港で残高確認されたり、されなかったりといった噂も聞いたことがあります

そこは自己責任でお願いします

私自身は確認されたこと一度もありません

スポンサーリンク

少額で行った時のすぐやるべきこと

最初に私自身の体験談から紹介します

私は現地に着いてからカナダとオーストラリアどちらとも、

すぐに銀行開設と携帯のSIM契約と現地で働くためのナンバー取得を行いました

これはワーホリに行った人は必ずやることなので、お金に余裕がある人でも

早めにすべてに登録しとくことをオススメします

詳細は他の記事で詳しく書いています

その後はすぐに仕事を探した方がいいと思います

やはり10万円ではすぐに無くなってしまうので

海外では、家賃をデポジットで半額分前払いしないといけないので、

意外とお金の残高は無くなってしまいます

仕事を始めてもすぐに給料がもらえるわけではなく、

国によって給料の支払日は違いますが、早くても二週間だと思うので

仕事は最初の一か月間以内に決めないと厳しと思います

少額で行った場合の仕事先オススメ

一番のオススメの仕事先はやはり飲食店ではないでしょうか!?

チップ制度がある国では給料は意外と高いです

私の体験談になりますが、チップだけで家賃を払えていたので貯金はすごい貯まりました

(カナダの時は家賃が$600でした)

日本食レストランでジョブを探すと意外と見つかりやすいですし、仕事にも就きやすいです

せっかく海外に行ったのに日本食かぁーと思う方もいると思います

しかしそこでずっと働く必要はありません

あくまで自分の貯金を増やしつつ、現地の情報収集し、新しい環境に慣れるといったことは

とても重要なことです

せっかくワーホリに行っているのですから、いろいろなことに試してみたいと思います

自分のやりたいことをするための充電期間として3か月間ぐらいは働いてみてはいかがでしょうか

日本食といっても従業員全員が日本人とは限りません

そこで外国人の友達を作り英語に少し慣れるのもいいでしょう

少額で行った場合の家の探し方

お金が少額で行った際に重要になってくるのは家賃問題です

家賃が高すぎるところに住んでしまうと貯金はすぐに無くなってしまいます

かと言って安すぎる物件は不安という方もいると思います

家によってミニマムステイといって、最低でも1か月は最低でも住んでくださいという

規定がもうけられているところがたくさんあります

始めのころは立地やシェアメイトや家の細かなルールなどわからないことが多いですよね

なので家を借りる際に気をつけることはミニマムステイがないところ

を選びましょう

すぐに移動できますし、もしそこが気に入ったのであれば長期滞在はオーナーにとっても

とても大歓迎なので引っ越しが大変かもしれませんが、

家はとても重要事項なので妥協せずに探してみてください

ワーホリ先での仕事、家探し方

どこの国でも日本人向けの日本語でのワーホリの方向けのサイトがあります

まずそちらで仕事や家の募集を見てみることをオススメします

件数は多いと思います

その中で気に入ったものがあれば応募するのもありですし、

現地サイトと比較して希望に合うものを選ぶこともできます

参考にURLを張っておきます

日本人向けカナダサイトカナダ求人 ジャパカナ

日本人向けオーストラリアサイトオーストラリア求人チアーズ

日本人向けオーストラリアサイトオーストラリア求人 日豪プレス

こちらに貼ってある求人サイトは私自身も使っていました

現地サイトの方が情報はもちろん豊富ですが、英語がまだ読みずらいという人は

メールのやり取りも英語になるのでトラブルを避けるために

始めはこういった日本人向け求人サイトを利用するのこともありだと思います。

 

他にもワーホリに行く人のための有益な情報を発信しています

ワーホリの際に持っていくと便利な5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました