通知エリア

留学、語学学校の選び方

留学

自分に合った語学学校の選び方

主

海外留学するときに一番悩むことが、語学学校選びだよね

タートゥル
タートゥル

いろいろな学校がありすぎて、どこの学校に行けばいいかよくわからない

主

そもそも、ネットに掲載されている情報が合っているのか見分けられない

そんな人も多いよね

タートゥル
タートゥル

みんな何を基準に学校を選んでいるんだろう

主

皆さんの悩みを私の経験を踏まえて、選び方を紹介するよ

学校選びに悩んでいる人の少しでもお役に立てれば・・・

漠然と英語力を伸ばし方必見私のリアルな体験談

スポンサーリンク

語学学校の選び方

 

漠然と英語力を伸ばしたい方向けに私の実際の体験を踏まえて紹介します

 

どのように語学学校を選んだか結論から言いますと

韓国資本のスパルタ、一般コースがある学校であり、

英語が母国語であるネイティブ人が在住しており、

授業の一日のコマ数が多いところを選びました。

 

セブ島にある、バギオにはたくさんの学校あり、わたし自身どこの学校がいいか悩みましたが、

これらを基準に考え留学エージェントと希望にあった学校を探しました。

 

やはり語学学校を探す際にいろいろな情報を持っている留学エージェントを利用することをオススメします。

自分では調べてもわからない情報をたくさん持っていますし、たくさん生徒を送り出しているので、たくさんの体験談を持っています。

1週間から行けるセブ島留学【MeRISE留学】

 

スポンサーリンク

自分なりの語学学校の基準を決めよう

 

語学学校にもいろいろ種類があり、例えば

・日本人経営 or 韓国人経営

・スパルタ or 一般コース

・テスト対策校 or 英語の基礎を上げる学校

・市内 or 郊外

今回例を挙げたのもほんの一部です。

 

私自身の体験談ですが、

韓国資本の学校ですが、フィリピンには日本人が経営する日本資本と

韓国人が経営する韓国資本があります。

たしかほかの国が経営する学校も少数あったはず(笑)

なぜ韓国資本の学校に行ったかというと、圧倒的に日本人が少ないからです

やはり日本人が経営しているとスタッフも日本人が多く安心、安全

ではありますが、日本人多めです

それに比べ出て韓国資本ですと日本人少なめのかわりに韓国人がめちゃくちゃいます

わたしはせっかく留学するなら日本人少なめがいいと思い、

韓国資本の学校にいきました。

韓国資本の学校の特徴

 

韓国人が多いこととスパルタな学校が多いことと御飯がほぼ毎日毎回韓国料理です。

スパルタとは朝市に英語の単語テストがあったり、門限と外出ができないといった

縛りがあります。学校によって少し内容は変わります。

御飯ですが、わたしは全然苦ではなかったです

けど辛い食べ物が苦手な人は厳しいかもです。

毎回キムチが出てきたのを覚えています

お米は水分量が多くおかゆみたいでした

けれどビュッフェ形式だったので食べれないものはよそわずにすむので

自分の食べたいものだけ食べれるのでストレスには感じませんでした。

私が感じたこととしてはフィリピン人講師の発音でも初心者の私には

全然問題なかったです。今思うと少し癖があったかもしれませんが、

かといって質自体が落ちているわけではないのでそんなに気にすることではないのかなと思います。

 

教師選びの方が重要

 

やはりひとによってはあまり教え方がうまくない人もいるので気を付けましょう

学校によっては毎週希望するのであれば講師をかえられるので絶対に活用した方がいいです

ちなみにわたしは変えられませんでした

日本人だからと言いますか、私の悪いところなんですが、最初の授業で結構仲良くなり、

そこから講師の質を見極めている間に変えたくても仲良くなったのに申し訳ない気持ちで

変えられませんでした。変えたとしたら廊下では必ずすれ違うので気まずくなるのが嫌で

変えずじまいに

わたしを反面教師にしてみなさんは早めのチェンジをお勧めします。

コマによって講師は違うので5人講師がいたら一人ぐらい試しにはチェンジをしてみるのもいいですね。

 

授業時間は実際どれくらい?

 

一日の授業のコマ数ですね。私は一日五コマでだいたい九時間ぐらいの

授業だったかな~~~

自習も大事だと思いますがなにもわからないわたしにとっては授業でいろいろなこと学んでいこう~~~~

と思ったのでコマ数をおおくしていました。

けっこう慣れるまで大変でした

全ての授業の予習と復習をして、宿題をこなすのですから

頭がパンクしそうでしたね。

宿題はたまにその時の授業と違った趣旨のものが出てきたりしていたので

講師の人に減らすか無くしてもらっていました。

いまやるべきでないことをやる余裕は当時全然なかったんですよ~~~

私はワーキングホリデーコースというものを授業にいれていたのですが

正直これはあまりおすすめしません。

内容としては仕事先へのレジュメの書き方だったり、

面接のやり方、接客のやり方だったのですが、全部ググれば出でくるな印象です

もちろんレジュメを授業で添削してくれたので、より良いものにはなったのです。

 

 

 

ここまで読んでいただいてお分かりの通り、語学学校も多種多様なので実際に行ってみないことには、自分にとっての良し悪しは違ってくると思います。

事前にわかる範囲で調べて、語学学校エージェントに提案してみると、そこの学校の詳細など教えてもらえるので、私はそのように利用していました。

相談事態は無料でやってもらえるところが多いので、

相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

視野がとても広くなると思います。

1週間から行けるセブ島留学【MeRISE留学】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました